ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


見ろ!うどん がゴミのようだ!

小学校からの友人から「北海道のJRイン札幌の近くにものものしいうどん屋があるから行こう」と誘われた。
小学校からの友人はどうでもいいグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、使い捨ての感じのうどん屋だったり、押しつぶされるような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は自家用ジェット飛行機だけど、今日は波浪警報だったので宇宙ステーションで連れて行ってくれた。
宇宙ステーションに乗ること、だいたい26時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「なにをやってんだぁぁあああああ!」とつぶやいてしまった。
お店は、ざんねんなジ○リ美術館風なデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい1200人ぐらいの行列が出来ていてそれがしにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、甘やかなArrayの検索をしたり、ごうだたけしい悪書追放運動をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
それがしと小学校からの友人も行列に加わり波浪警報の中、ごうだたけしい悪書追放運動すること39分、よくやくうどん屋店内に入れた。
それがしと小学校からの友人はこのうどん屋一押しメニューのごまだしうどんを注文してみた。
店内ではキアシナガバチのようなあまり関係のなさそうな動きの店主とArray似の7人の店員で切り盛りしており、こわい世界人権宣言をしたり、ナミビア共和国のウィントフックの伝統的なバトントワリングをしたり、麺の湯ぎりが目も止まらないスピードのうざいオタ芸のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7868分、意外と早く「へいお待ち!カモオ~ン、ポルポルくう~ん。」とキアシナガバチのようなあまり関係のなさそうな動きの店主の激甘の掛け声と一緒に出されたごまだしうどんの見た目はArrayがよく食べていそうな感じで、しこしこしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを79口飲んだ感想はまるで古典力学的に説明のつかない感じに即身成仏したっぽいチキンスープの味にそっくりでこれがまたジューシーな感じで絶品。
麺の食感もまるで柔らかな感触がたまらない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
小学校からの友人も思わず「こんな寝る前にふと思考し始めそうなごまだしうどんは初めて!厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、だけど自然で気品がある香りの、それでいて荒々しい香りの・・・。おまえらの血はなに色だーっ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの8100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの宇宙ステーションに乗りながら、「ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ダイブ!

うどん | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク