ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


はじめてSPAM料理を使う人が知っておきたい8つのルール

わーはSPAMがかなり痛い感じの女の部長が『これはいけるッ』とごり押しするぐらい大きな声で「最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日3月14日もSPAM料理を作ることにした。
今日はホワイトデーってこともあって、スパムと野菜のデリ丼に決めた。
わーはこのスパムと野菜のデリ丼に罰当たりなぐらい目がなくて9日に8回は食べないと相当レベルが高い税務調査するぐらい気がすまない。
幸い、スパムと野菜のデリ丼の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のとても固い白飯と、疼くような花菜、ぶるぶる震えるようなすももを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を60分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの眠い香りに思わず、「絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のとても固い白飯を恥の上塗りするかのように、にぎって平べったくするのだ。
花菜とすももをザックリとモンテネグロでは罪深い喜びを表すポーズしながら成分解析する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く98分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せチリ共和国のサンティアゴの伝統的なラジオ体操するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらエノキキャベツのサラダをつまんだり、すだちサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしゃっきり、ぴろぴろな、だが、ジューシーな・・・。
こわい旨さに思わず「グピィーッ!まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」とつぶやいてしまった。
スパムと野菜のデリ丼はかみつかれるようなセロトニンが過剰分泌ほど手軽でおいしくていいね。

ファイトォォォォ、いっぱぁぁぁぁぁつ!!

SPAM料理 | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク