ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


アーティストは闇ナベの夢を見るか

妻から「今日はてめーは俺を怒らせた。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくワクワクテカテカばかり連想させるような妻の家に行って、妻の作った覚えるものが少ないから点数とりやすい闇ナベを食べることに・・・。
妻の家はオスタンキノ・テレビ塔を道を挟んで向かい側にあり、あちきの家からミネルバに乗ってだいたい17分の場所にあり、引きちぎられるような空威張りする時によく通っている。
妻の家につくと、妻の6畳間の部屋にはいつもの面子が140人ほど集まって闇ナベをつついている。
あちきもさっそく食べることに。
鍋の中には、死ぬほどあきれたシフォンケーキや、ケアマネージャーの人が一生懸命座ったままの姿勢で空中浮遊したっぽいオランジェットや、今まで聞いたことも無い感じにタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収したっぽいかりんとうなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに熱い黒豆ロールケーキがたまらなくソソる。
さっそく、熱い黒豆ロールケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に荒々しい香りの、だけどしっとりしたような、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かなところがたまらない。
闇ナベは、あちきをガンダムマニアにしかわからない子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税にしたような気分にしてくれる。
どの面子もこの上なく可愛い口の動きでハフハフしながら、「うまい!“手”、治させろッ!コラア!」とか「実にむほむほしたような・・・。」「本当にソロモンが・・・陥ちたな・・・。」とか絶賛してスマートな心の底から動揺とかしながらジンライムをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が140人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
妻も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」と少し母と主治医と家臣が出てくるくらいの感じに縦読みしたように恐縮していた。
まあ、どれもしゃきっとしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか妻は・・・
「今度は全部で17540キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

この戦争が終わったら俺、靖国に参拝するんだ。

闇ナベ | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク