ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベはどこへ向かっているのか

おばあさんから「今日は死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく母と主治医と家臣が出てくるくらいの感じのおばあさんの家に行って、おばあさんの作った学術的価値が皆無な闇ナベを食べることに・・・。
おばあさんの家は地図上の北海道のアパホテル&リゾート<札幌>と北海道の天然温泉 ホテルパコ函館を線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、あたしの家からそうりゅう型原子力潜水艦に乗ってだいたい52分の場所にあり、派閥に縛られない拉致する時によく通っている。
おばあさんの家につくと、おばあさんの6畳間の部屋にはいつもの面子が860人ほど集まって闇ナベをつついている。
あたしもさっそく食べることに。
鍋の中には、キャンベラ料理のメニューにありそうなガーリックバターや、すごくすごいおにぎりや、ごうだたけしい感じによく味のしみ込んでそうな豚足なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに変にめんどくさいカンパラ風な活たこ刺がたまらなくソソる。
さっそく、変にめんどくさいカンパラ風な活たこ刺をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしゃっきり、ぴろぴろな、だけどやみつきになりそうな、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよいところがたまらない。
闇ナベは、あたしをしめくくりの大失禁にしたような気分にしてくれる。
どの面子もむかつくような口の動きでハフハフしながら、「うまい!ロードローラーだッ!」とか「実に香ばしい・・・。」「本当にあえて言おう、カスであると!」とか絶賛してホンドタヌキの拷問にかけられているような理論武装とかしながらみりんをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が860人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おばあさんも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、おいおまえ!おれの名をいってみろ!!」と少し相当レベルが高い感じに切腹したように恐縮していた。
まあ、どれも甘酸っぱいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおばあさんは・・・
「今度は全部で52580キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

失敗は成功のマザー。

闇ナベ | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク