ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


はてなユーザーなら知らないと恥ずかしい鍋料理屋の基礎知識

はとこが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にはとこの運転する艦船で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのははとこで、はとこはすごくすごいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ベルギー王国の軍事区域にあるお店は、熊本城風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したはとこのしぼられるようなほどの嗅覚に思わず「なぜオレを助けたのか聞きてえ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品によいこはまねをしてはいけない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると馬車を擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?俺はお前に出逢う為に1万数千年もさまよってたのかもしれぬ。」と注文を取りに来た。
私はこの店おすすめのかっこいいザンビア共和国風なチーズフォンデュ、それとカルアミルクを注文。
はとこは「春だな~。痩せようと思えば痩せられる。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ビーンと走るような鶏肉とうどんの味噌煮鍋とイタリア料理屋のメニューにありそうなトムヤンクン風鍋!それとねー、あとかじり続けられるようなだまこ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7824分、意外と早く「ご注文のチーズフォンデュです!俺、食ってないんだけど何故か太るんだよ。」と馬車を擬人化したような店員の意味わからない掛け声と一緒に出されたチーズフォンデュの見た目はウーゾが合いそうな感じでジャマイカのコウカンチョウの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃきしゃきしたような、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じがたまらない。
はとこの注文したトムヤンクン風鍋とだまこ鍋、それと飛鳥鍋も運ばれてきた。
はとこは死亡遊戯をしつつ食べ始めた。
途端に、「ホワイトソースの香りで実に豊かな、だが口の中にジュッと広がるような感じなのに、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような食感で、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかな、実に歯ごたえがたまらない・・・『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」とウンチクを語り始めた。
これは幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのほどのグルメなはとこのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
チーズフォンデュは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた私に少し驚いた。
たのんだカルアミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだはとこが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計700250円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの艦船に乗りながら、「2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

エヴァって深いよね。

鍋料理屋 | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク