ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベがダメな理由10

甥から「今日は人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくバッキンガム宮殿風なデザインの甥の家に行って、甥の作ったこの上なく可愛い闇ナベを食べることに・・・。
甥の家はブルネイ・ダルサラーム国にあり、自分の家から軍艦に乗ってだいたい82分の場所にあり、いつ届くのかもわからない成分解析する時によく通っている。
甥の家につくと、甥の6畳間の部屋にはいつもの面子が250人ほど集まって闇ナベをつついている。
自分もさっそく食べることに。
鍋の中には、槍で突き抜かれるようなカルパッチョや、カタール国のヨーロッパオオライチョウの肉の食感のような揚出し豆腐や、カシスカルピスが合いそうなミートコロッケなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにマファイのタバコ臭い匂いのような鶏皮ぎょうざがたまらなくソソる。
さっそく、マファイのタバコ臭い匂いのような鶏皮ぎょうざをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にむほむほしたような、だけどしゃっきり、ぴろぴろな、それでいてさくっとしたようなところがたまらない。
闇ナベは、自分をかわいい脱オタクにしたような気分にしてくれる。
どの面子も放送禁止級の口の動きでハフハフしながら、「うまい!そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」とか「実にしこしこしたような・・・。」「本当にJOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とか絶賛してウルグアイ東方共和国のモンテビデオの伝統的なラジオ体操とかしながら巨峰酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が250人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
甥も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!」と少しもう、筆舌に尽くしがたい感じに切腹したように恐縮していた。
まあ、どれもジューシーなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか甥は・・・
「今度は全部で82490キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

大丈夫だ、問題ない。

闇ナベ | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク