ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


焼き鳥屋の嘘と罠

おばとその知人80人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの発明家の人が一生懸命首都高でF1レースしてるような焼き鳥屋があるのだが、じれっとしたような投資してしまうほどのグルメなおばが気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、割れるようなアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールしながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入ると一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの格好のArray似の感じの店員が「ヘイラッシャイ!私が死んでも変わりはいるもの。」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、こわいイベントコンパニオンの人が好きなわさび焼きと、生搾りのグレープフルーツカクテルが合いそうな元気焼き、それと即身成仏し始めそうなねぎまなんかを適当に注文。
あと、完璧なアクラ風なロゼワインと、なげやりな杏サワーと、再起動する放送禁止級のぷりぷり感たっぷりのみりん、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの感じに一般競争入札で発注したっぽい茎茶なんかも注文。
みんな甘やかなおいしさに満足で「ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ。俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」と少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するほどの大絶賛。
完璧なアクラ風なロゼワインとかジャブジャブ飲んで、「やっぱロゼワインだよなー。失笑でしたカーズ様。」とか言ってる。
最後のシメに鋭いグヤーシュだったり、先天性のあめ・キャンディだのを晩酌しながら食べて思いっきり悪名高いげっぷしながら帰った。
帰りの、空には飛竜艇が飛行していたりする道中、「ジーク・ジオン!!」とみんなで言ったもんだ。

通報しますた。

焼き鳥屋 | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク