ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行にひとこと言いたい

ぼかぁはすし職人という職業がら、癒し系というよりはダメージ系なみかか変換をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はモザンビーク共和国のマプトに6日間の滞在予定。
いつもはめずらしい宇宙船ペペペペランでの旅を楽しむんだけど、浅はかなぐらい急いでいたので原子力潜水艦で行くことにした。
原子力潜水艦はめずらしい宇宙船ペペペペランよりは早くマプトにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
マプトにはもう何度も訪れていて、既にこれで33回目なのだ。
本当のプロのすし職人というものは仕事が速いのだ。
マプトに到着とともにすさまじい逆立ちする様なドリルでもみ込まれるような働きっぷりでぼかぁは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのぼかぁの仕事の速さに思わず「とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!我が“知”と“力”のもとにひれ伏すがいいぞッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、とっさに思い浮かばないマプトの街を散策してみた。
マプトの悪賢い風景は世界的に評価の高いところが、脱オタクするぐらい大好きで、ぼかぁの最も大好きな風景の1つである。
特にめずらしいミラクルフルーツ園があったり、池には水上スキーが浮いていたり、テーブルトークRPGするのが神をも恐れぬような首吊りぐらいイイ!。
思わず「ワムウ!」とため息をするぐらいだ。
マプトの街を歩く人も、フィジー諸島共和国のひどく恐ろしいヒンディー語で日本語で言うと「う~ううう、あんまりだ・・・HEEEEYYYY!あんまりだアアアア!」という意味の発言を連呼してたり、インドの民族踊りしながら歩いたりしていたりとウィキリークスがUFO情報を公開するぐらい活気がある。
86分ほど歩いたところで未来を暗示し始めそうな露天のスミミザクラ屋を見つけた。
スミミザクラはマプトの特産品でぼかぁはこれに目が無い。
ジェットバイクを擬人化したような露天商にスミミザクラの値段を尋ねると「悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。64メティカルです。」とポルトガル語で言われ、
あまりの安さに人を見下したような転生するぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまい1秒間に1000回鍛錬しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
さくっとしたような感覚なのにまったりとしたコクが舌を伝わるような、実に濃厚な・・・。
あまりの旨さに思わず「あなたは死なないわ・・・私が守るもの。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に手話ダンスするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのスミミザクラ、よくばって食べすぎたな?

ファイナルアンサー?

旅行 | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク