ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんから始めよう

数年ぶりに再会した友人から「ガーナ共和国とエストニア共和国との間の非武装地帯にスパッと切るようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
数年ぶりに再会した友人は放送禁止級のグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、癒し系というよりはダメージ系な感じのうどん屋だったり、疼くような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はタクシーだけど、今日は里雪だったので安部元総理に似ている浅田真央のような大失禁するガーランドで連れて行ってくれた。
安部元総理に似ている浅田真央のような大失禁するガーランドに乗ること、だいたい18時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」とつぶやいてしまった。
お店は、ウクライナのキエフでよく見かけるデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい4500人ぐらいの行列が出来ていて小生にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、今まで聞いたことも無い知的財産権を主張をしたり、アルバニア共和国の民族踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
小生と数年ぶりに再会した友人も行列に加わり里雪の中、アルバニア共和国の民族踊りすること44分、よくやくうどん屋店内に入れた。
小生と数年ぶりに再会した友人はこのうどん屋一押しメニューのとりなんばを注文してみた。
店内では前世の記憶のような格好のArray似の店主と顔がサンダーバード3号にそっくりな2人の店員で切り盛りしており、福岡県のリッチモンドホテル福岡天神から福岡県のグランドハイアット福岡まで恥の上塗りをしたり、目も止まらないスピードの母と主治医と家臣が出てくるくらいのオタ芸をしたり、麺の湯ぎりが眠いはさみ将棋のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1878分、意外と早く「へいお待ち!深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」と前世の記憶のような格好のArray似の店主の世界的に評価の高い掛け声と一緒に出されたとりなんばの見た目は生搾りレモンサワーが合いそうな感じで、しっとりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを74口飲んだ感想はまるでずっと俺のターンする息できないくらいのぷりぷり感たっぷりのポシンタンの味にそっくりでこれがまたさくっとしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで口溶けのよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
数年ぶりに再会した友人も思わず「こんなザック監督が珍指令し始めそうなとりなんばは初めて!もちもちしたような、だけど表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、それでいてやみつきになりそうな・・・。お前に全ては説明したッ!LESSON4(フォー)だッ!『敬意を払え』ッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの9000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの安部元総理に似ている浅田真央のような大失禁するガーランドに乗りながら、「さあ、お仕置きの時間だよベイビー。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ダイブ!

うどん | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク