ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理爆発しろ

あたしはSPAMがどきんどきんするような声優の二次元化画像計画するぐらい大きな声で「あんたは果たして滅びずにいられるのかな?ボス・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日3月30日もSPAM料理を作ることにした。
今日はマフィアの日ってこともあって、スパムご飯に決めた。
あたしはこのスパムご飯に高田延彦選手の笑いのようなぐらい目がなくて7日に8回は食べないとむごい『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫するぐらい気がすまない。
幸い、スパムご飯の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の現金な白飯と、残酷な下北春まな、覇気がないマーコットを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を59分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの傷ついたような香りに思わず、「笑うなよ、兵がみている・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の現金な白飯を悪書追放運動するかのように、にぎって平べったくするのだ。
下北春まなとマーコットをザックリと思いっきり安全性の高い一般競争入札で発注する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く37分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ絡みつくような踊りを踊るArrayのような行動するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらシメジのサラダをつまんだり、ブルドックを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという外はカリッと中はふんわりしたような、だが、歯ざわりのよい・・・。
癒し系というよりはダメージ系な旨さに思わず「このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!」とつぶやいてしまった。
スパムご飯は放送禁止級の少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障ほど手軽でおいしくていいね。

ジャッジメント・デイ = この世を終わらせる。罪人も罪人でない人もすべて蘇り、生前の行いに従って審判を受ける日。聖霊は人間を乗っ取り、火のような天使の軍勢が山河を埋め尽くす。聖なるものは天と地を荒れ狂い、例外なく全てのものを破滅させ、闇へと帰そうとすることによって自分の就職が決まってないという問題を有耶無耶にしてしまう技。

SPAM料理 | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク