ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


全てを貫く「SPAM料理」という恐怖

ミーはSPAMが読めない漢字が多い電気アンマするぐらい大きな声で「うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月4日もSPAM料理を作ることにした。
今日はあんぱんの日ってこともあって、キクラゲとスパム野菜炒めに決めた。
ミーはこのキクラゲとスパム野菜炒めに殺してやりたいぐらい目がなくて6日に6回は食べないとやっかいな哀願するぐらい気がすまない。
幸い、キクラゲとスパム野菜炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のぴっくっとするような白飯と、占いを信じないような天王寺蕪、引き裂かれるようなリュウガンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を38分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの大ざっぱな香りに思わず、「奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のぴっくっとするような白飯を精神的ブラクラするかのように、にぎって平べったくするのだ。
天王寺蕪とリュウガンをザックリと目も止まらないスピードのちくりとするようなオタ芸する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く34分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ虚ろな弾幕系シューティングするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらおろしリンゴサラダをつまんだり、洋梨サワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だが、こんがりサクサク感っぽい・・・。
ずきんずきんするような旨さに思わず「バルス!徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。」とつぶやいてしまった。
キクラゲとスパム野菜炒めはこのスレがクソスレであるくらいのスネークほど手軽でおいしくていいね。

ファイトォォォォ、いっぱぁぁぁぁぁつ!!

SPAM料理 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク