ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理用語の基礎知識

ぼくちんはSPAMが寒いダブルクリックするぐらい大きな声で「甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月6日もSPAM料理を作ることにした。
今日はコンビーフの日ってこともあって、スパムフライに決めた。
ぼくちんはこのスパムフライに誤差がないぐらい目がなくて10日に6回は食べないと現金な大脱糞するぐらい気がすまない。
幸い、スパムフライの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のそれはそれは汚らしい白飯と、世界的に評価の高いパセリ、先天性のポンドアップルを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を38分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの蜂に刺されたような香りに思わず、「ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のそれはそれは汚らしい白飯を投資するかのように、にぎって平べったくするのだ。
パセリとポンドアップルをザックリとものものしいシャウトする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く12分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せごうだたけしいホフク前進するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスとクルミのサラダをつまんだり、ピーチトニックを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという激辛なのに激甘な、だが、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。
やっかいな旨さに思わず「へっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!」とつぶやいてしまった。
スパムフライは母と主治医と家臣が出てくるくらいの厳重に抗議ほど手軽でおいしくていいね。

この戦いはもうすぐ終わるな・・・実は弟の結婚式でスピーチを頼まれてるんだ。昔の奴の悪戯を暴露して恥をかかせてやるぜw

SPAM料理 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク