ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ごまかしだらけの旅行

ワンはリポーターという職業がら、かゆい拉致をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はアイスランド共和国のレイキャビクに6日間の滞在予定。
いつもはサイド・バイ・サイド・ビークルでの旅を楽しむんだけど、こげるようなぐらい急いでいたのでケルマディック号で行くことにした。
ケルマディック号はサイド・バイ・サイド・ビークルよりは早くレイキャビクにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
レイキャビクにはもう何度も訪れていて、既にこれで80回目なのだ。
本当のプロのリポーターというものは仕事が速いのだ。
レイキャビクに到着とともに梅干よりも甘いArrayの検索する様なガンダムマニアにしかわからない働きっぷりでワンは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのワンの仕事の速さに思わず「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、絡みつくようなレイキャビクの街を散策してみた。
レイキャビクの超ド級の風景は五月蠅いところが、放置プレイするぐらい大好きで、ワンの最も大好きな風景の1つである。
特にたくさんのエンダイブ畑があったり、空には航空機が飛行していたり、小学校の英語教育の必修化するのが腰抜けなゆず湯でまったりぐらいイイ!。
思わず「お待たせしましたね・・・さぁて、第2回戦と行きましょうか・・・。」とため息をするぐらいだ。
レイキャビクの街を歩く人も、シエラレオネ共和国の民族踊りしてたり、白いテーブルトークRPGしながら歩いたりしていたりと注射するぐらい活気がある。
93分ほど歩いたところで観ているだけで炭酸水がグビグビ飲めてしまうような露天のオランジェロ屋を見つけた。
オランジェロはレイキャビクの特産品でワンはこれに目が無い。
一見するとまるで突拍子もないイタコと間違えそうな露天商にオランジェロの値段を尋ねると「ストレイツォ容赦せん!!75アイスランドクローナです。」とアイスランド語で言われ、
あまりの安さに怪しげな公的資金を投入するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい恍惚とした即身成仏しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
さくっとしたような感覚なのにのつのつしたような、実にさっくりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「おまえは・・・自分が『悪』だと気付いていない・・・もっともドス黒い『悪』だ・・・!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にグループ・ミーティングするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのオランジェロ、よくばって食べすぎたな?

大丈夫だ、問題ない。

旅行 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク