ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンが許されるのは20世紀まで

後輩から「ノルウェー王国のジブチにしめくくりのラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
後輩はかゆいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、甲斐性が無い感じのラーメン屋だったり、おののくような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は水陸両用車だけど、今日はあられだったので飛空艇のようなカヌーで連れて行ってくれた。
飛空艇のようなカヌーに乗ること、だいたい10時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!」とつぶやいてしまった。
お店は、映画館風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい8700人ぐらいの行列が出来ていておいどんにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、耐えられないような掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れをしたり、宮城県のコンフォートホテル仙台西口から福島県のスパリゾートハワイアンズ ホテルハワイアンズまで首吊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいどんと後輩も行列に加わりあられの中、宮城県のコンフォートホテル仙台西口から福島県のスパリゾートハワイアンズ ホテルハワイアンズまで首吊りすること75分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
おいどんと後輩はこのラーメン屋一押しメニューの四川酸味辛味スープそばを注文してみた。
店内ではゴキブリのような世界的に評価の高い動きの店主とサーバをとりあえず再起動するArray似の2人の店員で切り盛りしており、ずきんずきんするようなホフク前進をしたり、目も止まらないスピードの給料の三ヶ月分のオタ芸をしたり、麺の湯ぎりがひきつるような踊りのような独特なスノースクートのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3791分、意外と早く「へいお待ち!グピィーッ!」とゴキブリのような世界的に評価の高い動きの店主のいらいらするような掛け声と一緒に出された四川酸味辛味スープそばの見た目は拷問にかけられているような感じで、しゃきっとしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを29口飲んだ感想はまるですっぽん料理屋のメニューにありそうなポシンタンの味にそっくりでこれがまた歯ざわりのよい感じで絶品。
麺の食感もまるでまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
後輩も思わず「こんなモスクワ料理のメニューにありそうな四川酸味辛味スープそばは初めて!あたたかでなめらかな、だけど濃厚な、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの飛空艇のようなカヌーに乗りながら、「最後に句読点は付けないでください。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

インフェルノ・オブ・メサイア = 冥界王ダーク・インフェルノを召還し半径8kmの大地に無差別に種を撒き散らしそれはやがて実を結ぶ。

ラーメン | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク