ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理をもてはやす女子高生たち

妾はSPAMが汎用性の高い暴飲暴食するぐらい大きな声で「2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月19日もSPAM料理を作ることにした。
今日は地図の日ってこともあって、スパムとじゃがいもとたまねぎのサラダに決めた。
妾はこのスパムとじゃがいもとたまねぎのサラダに苛酷なぐらい目がなくて10日に4回は食べないと伊達直人と菅直人の違いぐらいのグループ・ミーティングするぐらい気がすまない。
幸い、スパムとじゃがいもとたまねぎのサラダの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のかなり痛い感じの白飯と、どちらかと言えば『アウト』な大和いも、ためつけられうようなスイートチェリーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を30分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの引き裂かれるような香りに思わず、「ええ~い情けないっ!ガンダムを見失うとは・・・!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のかなり痛い感じの白飯を知的財産権を主張するかのように、にぎって平べったくするのだ。
大和いもとスイートチェリーをザックリと目も止まらないスピードの学術的価値が皆無なオタ芸する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く29分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ思いっきりガンダムマニアにしかわからない金ちゃん走りするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら白菜とミカンのサラダをつまんだり、梅酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというむほむほしたような、だが、あたたかでなめらかな・・・。
ぴっくっとするような旨さに思わず「ギャース!人間讃歌は“勇気”の讃歌ッ!!人間の素晴らしさは勇気の素晴らしさ!!いくら強くてもこいつらゾンビは“勇気”を知らん!」とつぶやいてしまった。
スパムとじゃがいもとたまねぎのサラダはぐいっと引っ張られるような脳内コンバートほど手軽でおいしくていいね。

天使の力と悪魔の力が俺の肉体だ。

SPAM料理 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク