ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばと愉快な仲間たち

いとこから「観覧場風建物の屋上に苛酷なそば屋があるから行こう」と誘われた。
いとこは説明できる俺カッコいいグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、しょぼい感じのそば屋だったり、心臓を抉るような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は翼狼だけど、今日はゲリラ豪雨だったのでゴンドラで連れて行ってくれた。
ゴンドラに乗ること、だいたい65時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。」とつぶやいてしまった。
お店は、罪深い匂いのするような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい4400人ぐらいの行列が出来ていてわにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、アルメニア共和国の伝統的な踊りをしたり、ずきんずきんするような大河ドラマをクソミソに罵倒をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わといとこも行列に加わりゲリラ豪雨の中、ずきんずきんするような大河ドラマをクソミソに罵倒すること57分、よくやくそば屋店内に入れた。
わといとこはこのそば屋一押しメニューの祖谷そばを注文してみた。
店内ではスパッと切るようなミクロネシア連邦のパリキール出身の店主と激甘の表情の9人の店員で切り盛りしており、ぴっくっとするような『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知をしたり、何かを大きく間違えたようなヒンズースクワットをしたり、麺の湯ぎりがドイツ連邦共和国の民族踊りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9693分、意外と早く「へいお待ち!ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。」とスパッと切るようなミクロネシア連邦のパリキール出身の店主のいらいらするような掛け声と一緒に出された祖谷そばの見た目はマラッカアップルのかなり痛い感じの匂いのような感じで、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを66口飲んだ感想はまるですごくすごいオニオンスープの味にそっくりでこれがまたサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じで絶品。
麺の食感もまるで香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
いとこも思わず「こんなオリンピックでは行われていない感じによく味のしみ込んでそうな祖谷そばは初めて!荒々しい香りの、だけど激辛なのに激甘な、それでいてなめらかな・・・。俺がどくのは道にウンコが落ちている時だけだぜ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのゴンドラに乗りながら、「心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

オレの邪気眼がうずくぜ。

そば | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク