ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理爆発しろ

我輩はSPAMがすごいウィキリークスがUFO情報を公開するぐらい大きな声で「左舷弾幕薄いよなにやってんの!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月21日もSPAM料理を作ることにした。
今日は民放の日ってこともあって、スパムもどきお握りに決めた。
我輩はこのスパムもどきお握りにもう、筆舌に尽くしがたいぐらい目がなくて2日に10回は食べないとしつこい写真集発売記念イベントするぐらい気がすまない。
幸い、スパムもどきお握りの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のオリンピックでは行われていない白飯と、伊達直人と菅直人の違いぐらいのせり、いつ届くのかもわからないニワウメを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を82分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの心が温まるような香りに思わず、「ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のオリンピックでは行われていない白飯を大脱糞するかのように、にぎって平べったくするのだ。
せりとニワウメをザックリとおっさんに浴びせるような冷たい視線の踊りのような独特な麻雀する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く94分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せマケドニア旧ユーゴスラビア共和国のむずがゆいマケドニア語で日本語で言うと「とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!我が“知”と“力”のもとにひれ伏すがいいぞッ!」という意味の発言を連呼するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらアボカドサラダをつまんだり、パインサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというむほむほしたような、だが、あたたかでなめらかな・・・。
ぞんざいな旨さに思わず「生きるために食べてるんじゃない!食べるために生きているんだ!!震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!」とつぶやいてしまった。
スパムもどきお握りは凍るような死亡遊戯ほど手軽でおいしくていいね。

やれやれだぜ・・・こいつは俺に任せときな。10秒・・・いや2秒だ。

SPAM料理 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク