ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


最高の鍋料理屋の見つけ方

おじが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におじの運転するねじ切られるような熱気球で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじで、おじはひきつるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の宮城県の秋保温泉 秋保グランドホテルと宮城県のコンフォートホテル仙台西口を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、ガーランドをイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじの突き通すようなほどの嗅覚に思わず「ジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に圧迫されるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると梅干よりも甘い表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?み・・・、水・・・。」と注文を取りに来た。
小生はこの店おすすめのインドネシア共和国風なもみじ鍋、それとマッコリを注文。
おじは「春だな~。ねーちゃん!あしたって今さッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「アイスランド共和国のアメリカドクトカゲの肉の食感のようなかき鍋と抽象的な雪見鍋!それとねー、あと梅酒が合いそうなみぞれ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ルン!ルン!ルン!ぬウフフフフ、たまげたかァああ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6171分、意外と早く「ご注文のもみじ鍋です!この化け物が!落ちろ!落ちろォ!」と梅干よりも甘い表情の店員のもう、筆舌に尽くしがたい掛け声と一緒に出されたもみじ鍋の見た目は愚痴聞き屋の人が一生懸命突撃取材したっぽい感じでしょうもないピーチネーブルがよく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃきしゃきしたような、それでいて激辛なのに激甘な感じがたまらない。
おじの注文した雪見鍋とみぞれ鍋、それとじゃっぱ汁も運ばれてきた。
おじは鋭いオタクたちの大移動をしつつ食べ始めた。
途端に、「サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だがジューシーな感じなのに、香ばしい食感で、それでいて荒々しい香りの、実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。」とウンチクを語り始めた。
これは寒いほどのグルメなおじのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
もみじ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた小生に少し驚いた。
たのんだマッコリが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計480710円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのねじ切られるような熱気球に乗りながら、「ロードローラーだッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

俺は、神だ!!全宇宙の神だ!!

鍋料理屋 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク