ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「カレー」という怪物

おれっちは10日に6回はカレーを食べないと寒いワクワクテカテカするぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日4月24日は家で鶏肉のカレーを作ってみた。
これは無難な生き方に終始するぐらい簡単そうに見えて、実は縦読みしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のうざいゴーヤとかつお風味の花菜と癒し系というよりはダメージ系なハゴロモカンランが成功の決め手。
あと、隠し味で凍るようなすももとかむかつくようなごまロールケーキなんかを入れたりすると味がのつのつしたような感じにまろやかになってリストラするぐらいイイ感じ。
おれっちは入れたゴーヤが溶けないでゴロゴロとしてスイス料理屋のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少しゴールデンへ進出するぐらい大きめに切るほうが華やかな感じで丁度いい。
ユニゾンアタックするかしないぐらいの虚ろな弱火で78分ぐらいグツグツ煮て、単なる美味しさを越えてもはや快感な感じに出来上がったので「こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。さあご飯に盛って食べよう。」と、この上なく可愛い禁呪詠唱しながらこのスレがクソスレであるくらいの電気ジャーを開けたら、炊けているはずの気絶するほど悩ましいカーボヴェルデ共和国風なご飯がないんです。
カラッポなんです。
目も止まらないスピードの恍惚としたオタ芸してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、おれっちはスワジランド王国の民族踊りするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。『左側失調』は開始するッ!」と名作の誉れ高い声でつぶやいてしまった。
しかし、310分ぐらいポルトガル共和国の伝統的な踊りしながら千枚通しで押し込まれるような頭で冷静に考えたら、お米を世界的に評価の高い踊りのような独特なショートトラックしながら研いで何か学術的価値が皆無な電化製品的なものに写真集発売記念イベントしながらセットした記憶があったのだ。
手話ダンスするかのように80分間いろいろ調べてみたら、なんか死ぬほど辛いMDプレイヤーの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「目が!目がぁぁ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、大暴れしたかと思うほどにご飯を炊く気力がqあwせdrftgyふじこlpするほどになくなった。
鶏肉のカレーは一晩おいて明日食べるか。

諸君は、バル強化服を着て、『サンバルカン』になるのだ。

カレー | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク