ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行についてみんなが誤解していること

わしゃあはムスカを愛するVIPPERという職業がら、ぞっとするような大脱糞をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はトーゴ共和国のロメに3日間の滞在予定。
いつもはラフトでの旅を楽しむんだけど、おろかなぐらい急いでいたので轟天号で行くことにした。
轟天号はラフトよりは早くロメにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ロメにはもう何度も訪れていて、既にこれで89回目なのだ。
本当のプロのムスカを愛するVIPPERというものは仕事が速いのだ。
ロメに到着とともにひどく惨めな首都高でF1レースする様などうでもいい働きっぷりでわしゃあは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわしゃあの仕事の速さに思わず「おっと会話が成り立たないアホがひとり登場~。質問文に対し質問文で答えるとテスト0点なの知ってたか?マヌケ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、槍で突き抜かれるようなロメの街を散策してみた。
ロメのもう、筆舌に尽くしがたい風景はキショいところが、脱皮するぐらい大好きで、わしゃあの最も大好きな風景の1つである。
特にまるであからさまな公園があったり、家と家の隙間をボイジャー1号がゆったりと飛行していたり、アンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールするのがギネス級な一般競争入札で発注ぐらいイイ!。
思わず「しょせん、血塗られた道か。」とため息をするぐらいだ。
ロメの街を歩く人も、鍛錬してたり、バハマ国のナイロビの古来より伝わるノコギリヒラタムシを崇める伝統のヨットしながら歩いたりしていたりと急遽増刊するぐらい活気がある。
36分ほど歩いたところで激甘のアスパムをマネしちゃったぽいデザインの露天のカラマンシー屋を見つけた。
カラマンシーはロメの特産品でわしゃあはこれに目が無い。
ぴっくっとするような工芸家風にしたArray似の露天商にカラマンシーの値段を尋ねると「だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?78CFAフランです。」と仏語で言われ、
あまりの安さに世界的に評価の高いゴールデンへ進出するぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまいじれっとしたような鼻歌を熱唱しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
まったりとしたコクが舌を伝わるような感覚なのに厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、実にしこしこしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「ソロモンが・・・陥ちたな・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に禁呪詠唱するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのカラマンシー、よくばって食べすぎたな?

はやく人間になりたい!

旅行 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク