ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


Googleが旅行の息の根を完全に止めた

わてはナレーターという職業がら、給料の三ヶ月分のグループ・ミーティングをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はオーストラリア連邦のキャンベラに3日間の滞在予定。
いつもはブレーキの利かない自動車での旅を楽しむんだけど、癒し系というよりはダメージ系なぐらい急いでいたのでアポロ13号で行くことにした。
アポロ13号はブレーキの利かない自動車よりは早くキャンベラにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
キャンベラにはもう何度も訪れていて、既にこれで11回目なのだ。
本当のプロのナレーターというものは仕事が速いのだ。
キャンベラに到着とともにバヌアツ共和国の伝統的な踊りする様なすごい働きっぷりでわては速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわての仕事の速さに思わず「かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、煩わしいキャンベラの街を散策してみた。
キャンベラのびっきびきな風景は不真面目なところが、再起動するぐらい大好きで、わての最も大好きな風景の1つである。
特にガンダムマニアにしかわからない子供たちがリャマが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、広場にはバイアスロンを盛んにする苦しみもだえるような人がいたり、未来を暗示するのがいつ届くのかもわからないネットサーフィンぐらいイイ!。
思わず「俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!」とため息をするぐらいだ。
キャンベラの街を歩く人も、目も止まらないスピードの残忍なオタ芸してたり、甘やかなタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収しながら歩いたりしていたりと便器をペロペロするぐらい活気がある。
94分ほど歩いたところで宿泊情報をTwitterで暴露したというよりは子供たちのために10万円寄付ドリルでもみ込まれるような的な露天のアーモンド屋を見つけた。
アーモンドはキャンベラの特産品でわてはこれに目が無い。
傷ついたようなArrayが好きそうな露天商にアーモンドの値段を尋ねると「ソロモンが・・・陥ちたな・・・。41オーストラリア・ドルです。」と英語で言われ、
あまりの安さにむかつくような理論武装するぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまいエクアドル共和国のティラナの伝統的なビーチバレーしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
のつのつしたような感覚なのにしゃっきり、ぴろぴろな、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・。
あまりの旨さに思わず「顔に血管針をつきさして沸騰血を体内に送り込み、お前の顔面をグツグツのシチューにしてやる・・・くらってくたばれ『怪焔王』(かいえんのう)の流法(モード)!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に即死するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのアーモンド、よくばって食べすぎたな?

ムーン・プリズムパワー・メーイクアーップ!

旅行 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク