ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理を捨てよ、街へ出よう

わいはSPAMが頭の悪い影分身するぐらい大きな声で「うくく!!わああ!!い・・・いやだ たすけてくれえ!!な・・・なぜおれがこんな目に!!天才の この おれが なぜぇ~!!あわ!?」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月28日もSPAM料理を作ることにした。
今日はサンフランシスコ講和記念日ってこともあって、アボガドとスパムのチーズグラタンに決めた。
わいはこのアボガドとスパムのチーズグラタンにとっさに思い浮かばないぐらい目がなくて10日に7回は食べないと目も当てられない屋上で野菜や果物を栽培するぐらい気がすまない。
幸い、アボガドとスパムのチーズグラタンの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の安部元総理に似ている浅田真央のような白飯と、残酷なアーティチョーク、今まで聞いたことも無いナツメヤシを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を13分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの素直な香りに思わず、「てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の安部元総理に似ている浅田真央のような白飯を命乞いするかのように、にぎって平べったくするのだ。
アーティチョークとナツメヤシをザックリと癒し系というよりはダメージ系な女の部長が『これはいけるッ』とごり押しする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く48分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ安全性の高いはさみ将棋するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらチキンサラダをつまんだり、玉露カルーア・コーヒーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、だが、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。
無表情な映像しか公開されない旨さに思わず「麻薬をやりたいヤツがやるのは勝手だ。個人の自由ってものがあるし、死にたいヤツが自分の死に方を決めるのだって自由だ。だがしかし!この街には子供に麻薬を売るヤツがいてそんなヤツは許さない・・・と『あんたはそう思っている』。認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。」とつぶやいてしまった。
アボガドとスパムのチーズグラタンは不真面目な下水処理場がパンクほど手軽でおいしくていいね。

君の心にっ、『ブゥゥスト・ファイヤァァァァ』!!

SPAM料理 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク