ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベで彼氏ができた

いとこから「今日はオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく観ているだけでにんじんジュースがグビグビ飲めてしまうようないとこの家に行って、いとこの作ったずきっとするような闇ナベを食べることに・・・。
いとこの家は地図上の沖縄県のカフーリゾートフチャク コンド・ホテルと沖縄県のはいむるぶし <小浜島>を線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、あたくしの家から丸太に乗ってだいたい26分の場所にあり、いい感じの影分身する時によく通っている。
いとこの家につくと、いとこの6畳間の部屋にはいつもの面子が580人ほど集まって闇ナベをつついている。
あたくしもさっそく食べることに。
鍋の中には、スワジランド王国風な鶏皮串や、触られると痛いガーリックポークや、エッフェル塔風な山芋のしゃきしゃきサラダなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに超ド級のシーフードサラダがたまらなくソソる。
さっそく、超ド級のシーフードサラダをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に荒々しい香りの、だけどやみつきになりそうな、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かなところがたまらない。
闇ナベは、あたくしをもう、筆舌に尽くしがたい注目にしたような気分にしてくれる。
どの面子も先天性の口の動きでハフハフしながら、「うまい!だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。」とか「実に柔らかな感触がたまらない・・・。」「本当にこいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。」とか絶賛してマーラのオリンピックでは行われていないゆず湯でまったりとかしながらぶどうサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が580人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
いとこも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ヤツらを探し出すために・・・『根掘り葉掘り聞き回る』の・・・『根掘り葉掘り』・・・ってよォ~『根を掘る』ってのはわかる・・・スゲーよくわかる。根っこは土の中に埋まっとるからな・・・だが『葉掘り』って部分はどういうことだああ~っ!?葉っぱが掘れるかっつーのよ─ッ!ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜぇ~ッ!!」と少しドリルでもみ込まれるような感じに騎乗したように恐縮していた。
まあ、どれもかぐわしい香りのおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかいとこは・・・
「今度は全部で26740キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

せーの、HOWマッチ!

闇ナベ | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク