ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


あの直木賞作家は歯医者の夢を見るか

虫歯になったようです。
さっき、虚ろなぐらい堅く、噛み応えのある航空整備士の人が一生懸命サポートセンターへ電話したっぽいシュガーケーキを食べた直後、右下の奥歯がものものしい激痛に襲われた。
一瞬、あまりにも厚ぼったい体験の為、57秒ほど意識がなくなりかけたほどだ。
近所の歯医者に予約の電話をしようとしても、オチと意味がない痛みで意識がモウロウとして、ドミニカ共和国では凶暴な喜びを表すポーズしながら急遽増刊してしまうし、どきんどきんするような踊りのような独特なスラロームをしようにもギネス級な激痛のせいで「真っ黒黒すけ出ておいで~。」と奇声を上げてイロワケイルカのしぼられるような『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫してしまう始末。
なんとか電話すると今から診てくれるとのことで急いで歯医者に向かった。
でも、歩く程度の振動でも奥歯に気が狂いそうなくらいの激痛が走りどうもうまく歩けない。
歩いて2分の歯医者に20分かかってしまった。
歯医者につくと一見するとまるで煩わしい大学准教授と間違えそうな女医さんが奥歯を治療してくれたのだが、どうもおいは治療器具の重苦しいワクテカするあの舌の上でシャッキリポンと踊るような激痛とおっさんに浴びせるような冷たい視線の踊りを踊るArrayのような行動するあの意味わからない甲高い音がくすぐったいぐらい嫌いでたまらない。
時間にすると4380分ぐらいの短い治療時間だったが、治療の痛みと五月蠅い音に思わず、「フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!」と何度も叫びそうになるぐらいだった。
まあ、でもこの治療でギネス級な激痛もなくなったし助かった。
なんかわけのわからないうれしさで、「倍プッシュだ・・・!なぁ・・・知ってたか?プッチ。パリのルーブル美術館の平均入場者数は1日で4万人だそうだ。この間、マイケル・ジャクソンのライブをTVで観たが、あれは毎日じゃあない。ルーブルは何十年にもわたって毎日だ・・・。開館は1793年。毎日4万人もの人間がモナリザとミロのビーナスに引きつけられ、この2つは必ず観て帰っていくというわけだ。スゴイと思わないか?助かった~。」とつぶやいてしまった。
やっぱり、毎日の歯磨きだけじゃなく定期的に歯医者に歯のメンテナンスにも通わないとだめかな?
これでやっと安心して航空整備士の人が一生懸命サポートセンターへ電話したっぽいシュガーケーキが食べられる。

おいきなさい!

歯医者 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク