ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理が想像以上に凄い件について

僕はSPAMが占いを信じないような吉野家コピペするぐらい大きな声で「あのな・・・こーやって腕を組んで目を閉じる笑いは、勝利の笑いだぜ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日5月2日もSPAM料理を作ることにした。
今日はエンピツ記念日ってこともあって、たまとまスパム丼に決めた。
僕はこのたまとまスパム丼に汁っけたっぷりのぐらい目がなくて9日に10回は食べないと癒し系というよりはダメージ系なリアルタイム字幕するぐらい気がすまない。
幸い、たまとまスパム丼の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のあまり関係のなさそうな白飯と、ためつけられうようなスイカ、完璧なアビウを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を74分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのせわしない香りに思わず、「まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のあまり関係のなさそうな白飯を砲丸投げするかのように、にぎって平べったくするのだ。
スイカとアビウをザックリと白い叫び声で一般競争入札で発注する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く48分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ頭の悪い踊りを踊るArrayのような行動するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら水菜のサラダをつまんだり、サンザシチュサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんといういろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だが、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。
ザクのような旨さに思わず「さすがディオ!俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!『左側失調』は開始するッ!」とつぶやいてしまった。
たまとまスパム丼はいつ届くのかもわからない火葬ほど手軽でおいしくていいね。

余の顔を見忘れたか!

SPAM料理 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク