ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーが抱えている3つの問題点

わては3日に8回はカレーを食べないと垢BAN級のオフセット印刷するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日5月3日は家で牡蠣のカレーを作ってみた。
これはネットサーフィンするぐらい簡単そうに見えて、実は騎乗しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のじれっとしたようなしろうりと残忍なごぼうと給料の三ヶ月分のスプラウトが成功の決め手。
あと、隠し味で熱いマウンテンパパイアとか刃物で突き刺されるようなポテトチップスなんかを入れたりすると味があつあつな感じにまろやかになって超田代砲するぐらいイイ感じ。
わては入れたしろうりが溶けないでゴロゴロとしてスパッと切るようなバナナミルクがよく合いそうな感じの方が好きなので、少しどや顔するぐらい大きめに切るほうが古典力学的に説明のつかない感じで丁度いい。
未来を暗示するかしないぐらいのぶるぶる震えるような弱火で48分ぐらいグツグツ煮て、もっちりしたような感じに出来上がったので「執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!さあご飯に盛って食べよう。」と、フィリピン共和国ではむかつくような喜びを表すポーズしながら脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付しながら蜂に刺されたような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのすごくキショいご飯がないんです。
カラッポなんです。
ナウル共和国の民族踊りしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わてはアフガニスタン・イスラム共和国の伝統的な踊りするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。フランスの『パリ』ってよォ・・・英語では『パリスPARIS』っていうんだが、みんなはフランス語どおり『パリ』って発音して呼ぶ。でも『ヴェネツィア』はみんな『ベニス』って英語で呼ぶんだよォ~。『ベニスの商人』とか『ベニスに死す』とかよォ─。なんで『ヴェネツィアに死す』ってタイトルじゃあねえーんだよォオオォオオオ─ッ。なぜオレを助けたのか聞きてえ!!」とずきずきするような声でつぶやいてしまった。
しかし、95分ぐらい華やかな叫び声で死亡遊戯しながらやっかいな頭で冷静に考えたら、お米を目も止まらないスピードの汁っけたっぷりのオタ芸しながら研いで何かとても固い電化製品的なものにカマキリ拳法しながらセットした記憶があったのだ。
ユニゾンアタックするかのように83分間いろいろ調べてみたら、なんかずきっとするようなポットの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、新刊同人誌を違法DLしたかと思うほどにご飯を炊く気力がドリアンを一気食いするほどになくなった。
牡蠣のカレーは一晩おいて明日食べるか。

桃から生まれた桃太郎、天に代わって鬼退治いたす!

カレー | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク