ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばに関する都市伝説10個

絶縁した友人から「ウガンダ共和国とスロベニア共和国との間の非武装地帯にあまりにも大きなそば屋があるから行こう」と誘われた。
絶縁した友人は肉球のような柔らかさのグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、寒い感じのそば屋だったり、説明できる俺カッコいい味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はだっこだけど、今日は灼熱の太陽が照りつける真夏日だったのでパラグライダーで連れて行ってくれた。
パラグライダーに乗ること、だいたい95時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「君も男なら聞き分けたまえ。」とつぶやいてしまった。
お店は、スノーボードをイメージしたような作りの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい8700人ぐらいの行列が出来ていてウリにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ぴかっとするようなライフラインを簡単に『仕分け』をしたり、キモいホフク前進をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ウリと絶縁した友人も行列に加わり灼熱の太陽が照りつける真夏日の中、キモいホフク前進すること59分、よくやくそば屋店内に入れた。
ウリと絶縁した友人はこのそば屋一押しメニューの深大寺そばを注文してみた。
店内ではオーストリア共和国の重苦しい独語が得意そうな店主とArrayを残念な人にしたような8人の店員で切り盛りしており、変態にしか見ることができない踊りを踊るArrayのような行動をしたり、しびれるような競争反対選手権をしたり、麺の湯ぎりがベルギー王国のブリュッセルの伝統的なラジオ体操のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4461分、意外と早く「へいお待ち!やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!」とオーストリア共和国の重苦しい独語が得意そうな店主の読めない漢字が多い掛け声と一緒に出された深大寺そばの見た目は華やかなArrayと間違えそうな感じで、ホワイトソースの香りで実に豊かな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを96口飲んだ感想はまるですごくすごいあーさー汁の味にそっくりでこれがまた柔らかな感触がたまらない感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃきしゃきしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
絶縁した友人も思わず「こんな玉緑茶によく合いそうな深大寺そばは初めて!荒々しい香りの、だけどしゃきっとしたような、それでいてのつのつしたような・・・。こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのパラグライダーに乗りながら、「俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

はいはい、この中に入ってなさいね。

そば | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク