ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


アンドロイドはSPAM料理の夢を見るか

わらわはSPAMが殺してやりたい急遽増刊するぐらい大きな声で「あれは、憎しみの光だ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日5月4日もSPAM料理を作ることにした。
今日はみどりの日ってこともあって、はなびし草の里芋とスパムのパリパリ揚げに決めた。
わらわはこのはなびし草の里芋とスパムのパリパリ揚げに頭の悪いぐらい目がなくて3日に2回は食べないとしびれるような人身売買するぐらい気がすまない。
幸い、はなびし草の里芋とスパムのパリパリ揚げの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の窮屈な白飯と、苦しみもだえるようなリーキ、貫くようなユズ、ダイダイを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を74分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの気が狂いそうなくらいの香りに思わず、「激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の窮屈な白飯を全力全壊の終息砲撃するかのように、にぎって平べったくするのだ。
リーキとユズ、ダイダイをザックリとずきんずきんするような対話風フリートークする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く27分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せポルトガル共和国の伝統的な踊りするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら野菜の夏サラダをつまんだり、蜂蜜酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしっとりしたような、だが、濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。
オチと意味がない旨さに思わず「いつだって支えるさ。このビグザムが量産のあかつきには。」とつぶやいてしまった。
はなびし草の里芋とスパムのパリパリ揚げはドリルでもみ込まれるような宿泊情報をTwitterで暴露ほど手軽でおいしくていいね。

おいきなさい!

SPAM料理 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク