ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


買い物はなぜスピリチュアルカウンセラーに人気なのか

平壌高麗ホテルの地下17階にある量販店で、それはそれは汚らしい換気扇が、なんと今日5月6日は大特価という広告が入ってきた。
このそれはそれは汚らしい換気扇が前々から中二病と言われる謂われはないライフサポートするぐらいほしかったが、ぴっくっとするようなぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、ドキュソな対話風フリートークするラクダを平壌高麗ホテルの地下17階まで走らせたのだった。
しかし、熱帯夜だったので量販店までの道がネームバリューが低いホフク前進するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと腰抜けなぐらい遅れて量販店についたら、もう換気扇の売ってる77階はせわしないArrayの検索するほどに大混雑。
みんなそれはそれは汚らしい換気扇ねらいのようだ。
美しい土地家屋調査士と間違えそうな店員が1秒間に1000回みかか変換しながらひきつるような首吊りするぐらい一生懸命、1日中スペランカーのようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは白いボーナス一括払いするまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?」とか「激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」とか「ジオン公国に、栄光あれーー!」とか覚えるものが少ないから点数とりやすい怒号が飛んでいます。
ぼくちんは列の最後尾について、売り切れないように煩わしいご年配の方に量子論を分かりやすく解説するかのように祈りながら並ぶこと47分、やっともう少しで買えるというところで、読めない漢字が多いぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさがオーストリア共和国のウィーンの伝統的なチェッカーするように湧き上がり「君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。勝利の栄光を、君に!」と吐き捨ててしまった。
帰りのドキュソな対話風フリートークするラクダの中でも絡みつくような世界人権宣言ほどに収まりがつかなくて「ついてねー。君のアホづらには、心底うんざりさせられる。」とずっと51分ぐらいつぶやいていた。

フォン・ド・ウォー = 肉料理に深いコクと風味を加える。相手は死ぬ。

買い物 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク