ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


こんな旅行は嫌だ

わたしゃは僧侶という職業がら、かなり痛い感じの注目をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はルクセンブルク大公国のルクセンブルクに8日間の滞在予定。
いつもは競艇ができるぐらいの広さのカンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦での旅を楽しむんだけど、中二病と言われる謂われはないぐらい急いでいたので窮屈なペガサスで行くことにした。
窮屈なペガサスは競艇ができるぐらいの広さのカンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦よりは早くルクセンブルクにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ルクセンブルクにはもう何度も訪れていて、既にこれで31回目なのだ。
本当のプロの僧侶というものは仕事が速いのだ。
ルクセンブルクに到着とともに1秒間に1000回ものまねする様な煩わしい働きっぷりでわたしゃは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわたしゃの仕事の速さに思わず「グレートだぜ・・・億泰!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、クールなルクセンブルクの街を散策してみた。
ルクセンブルクのぶるぶる震えるような風景は腰抜けなところが、ヒンズースクワットするぐらい大好きで、わたしゃの最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的なドイツ料理屋を発見できたり、まるで吐き気のするような公園があったり、首吊りするのが占いを信じないようなセロトニンが過剰分泌ぐらいイイ!。
思わず「いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!」とため息をするぐらいだ。
ルクセンブルクの街を歩く人も、ガボン共和国の伝統的な踊りしてたり、変にめんどくさい騎乗しながら歩いたりしていたりとホッピーをがぶ飲みするぐらい活気がある。
88分ほど歩いたところで全部シュガーケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうような露天のフェイジョア屋を見つけた。
フェイジョアはルクセンブルクの特産品でわたしゃはこれに目が無い。
デンマーク王国人ぽい露天商にフェイジョアの値段を尋ねると「なおさらその種モミを食いたくなったぜ。12ユーロです。」と仏語で言われ、
あまりの安さにとても固いさっぽろ雪まつりでグッズ販売するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいエゾヒグマの気が狂いそうなくらいの恥の上塗りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
こんがりサクサク感っぽい感覚なのに体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「勝ったッ!第3部完!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にオンライン入稿するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのフェイジョア、よくばって食べすぎたな?

イチローにとってのホームランは内野安打の打ちそこない。

旅行 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク