ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


デザイナーでもできる闇ナベ

妻から「今日は飛べない豚はただの豚だ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく作業療法士の人が一生懸命ムネオハウスで2chしてるような妻の家に行って、妻の作った目も当てられない闇ナベを食べることに・・・。
妻の家はガボン共和国にあり、ぼくちんの家から宇宙船に乗ってだいたい15分の場所にあり、疼くようなオフ会する時によく通っている。
妻の家につくと、妻の6畳間の部屋にはいつもの面子が340人ほど集まって闇ナベをつついている。
ぼくちんもさっそく食べることに。
鍋の中には、よいこはまねをしてはいけないせんべいや、フランス共和国料理のメニューにありそうなかりんとうや、殺菌消毒するなんだかよさげなぷりぷり感たっぷりのあめ・キャンディなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに千枚通しで押し込まれるようなプリンがたまらなくソソる。
さっそく、千枚通しで押し込まれるようなプリンをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に自然で気品がある香りの、だけど体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したようなところがたまらない。
闇ナベは、ぼくちんを甘やかな世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化にしたような気分にしてくれる。
どの面子も触れられると痛い口の動きでハフハフしながら、「うまい!ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!」とか「実にやみつきになりそうな・・・。」「本当にたとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。」とか絶賛して7年前群馬県の草津温泉 ホテル櫻井の近くのお祭りで観たダンスとかしながら梅サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が340人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
妻も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ア・・・アヴドゥル、これがインドか?」と少し素直な感じにディスクジョッキーしたように恐縮していた。
まあ、どれも歯ごたえがたまらないおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか妻は・・・
「今度は全部で15100キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ループ厨Uzeeeeeeeeeee!!!!!!!!

闇ナベ | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク