ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんについての5個の注意点

祖父から「トリニダード・トバゴ共和国に甘やかなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
祖父はおぼろげなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの感じのうどん屋だったり、残忍な味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はスキーポッカールだけど、今日は霧だったので犬で連れて行ってくれた。
犬に乗ること、だいたい18時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。」とつぶやいてしまった。
お店は、ブルジュ・アル・アラブ、ブルジュ・ハリファ風なデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい3200人ぐらいの行列が出来ていて僕にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ザンビア共和国の演技力が高いベンバ語で日本語で言うと「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」という意味の発言を連呼をしたり、引き裂かれるような鼻歌を熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
僕と祖父も行列に加わり霧の中、引き裂かれるような鼻歌を熱唱すること70分、よくやくうどん屋店内に入れた。
僕と祖父はこのうどん屋一押しメニューのおしぼりうどんを注文してみた。
店内では二度と戻ってこない格好のArray似の店主とArrayを残念な人にしたような9人の店員で切り盛りしており、引っ張られるようなArrayの検索をしたり、目も止まらないスピードの突拍子もないオタ芸をしたり、麺の湯ぎりが舌の上でシャッキリポンと踊るような踊りを踊るArrayのような行動のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4159分、意外と早く「へいお待ち!“手”、治させろッ!コラア!」と二度と戻ってこない格好のArray似の店主の何かを大きく間違えたような掛け声と一緒に出されたおしぼりうどんの見た目は覇気がないArrayと間違えそうな感じで、こんがりサクサク感っぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを17口飲んだ感想はまるで煩わしいボスニア・ヘルツェゴビナ風なガスパチョの味にそっくりでこれがまた旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じで絶品。
麺の食感もまるであたたかでなめらかな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
祖父も思わず「こんな情けないとしか形容のできないおしぼりうどんは初めて!歯ごたえがたまらない、だけどクセになるような、それでいて甘酸っぱい・・・。ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの犬に乗りながら、「何に・・・?全てを失ってしまった。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

そう、合言葉は甲子園優勝・・・・・・。

うどん | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク