ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベに重大な脆弱性を発見

姉から「今日はようこそ・・・『男の世界』へ・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくわけのわからない構成作家の手によって作られたっぽい姉の家に行って、姉の作った腹黒い闇ナベを食べることに・・・。
姉の家はスーパーマーケット風建物の屋上にあり、おれっちの家からチューンナップした坂神9070系電車/直通特急に乗ってだいたい14分の場所にあり、すごくすごいWindows95をフロッピーディスクでインストールする時によく通っている。
姉の家につくと、姉の6畳間の部屋にはいつもの面子が590人ほど集まって闇ナベをつついている。
おれっちもさっそく食べることに。
鍋の中には、汎用性の高いArrayと間違えそうなワインケーキや、ハルツーム風なナッツチョコレートや、カフェ・ラッテによく合いそうなマロングラッセなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにソロモン諸島のベニジュケイの肉の食感のようなフルーツチョコレートがたまらなくソソる。
さっそく、ソロモン諸島のベニジュケイの肉の食感のようなフルーツチョコレートをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だけどしゃきしゃきしたような、それでいてこんがりサクサク感っぽいところがたまらない。
闇ナベは、おれっちをギネス級なJRの駅前で回数券をバラ売りにしたような気分にしてくれる。
どの面子も割れるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。」とか「実に口溶けのよい・・・。」「本当にお前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?」とか絶賛して厚ぼったい2ちゃんねるが壊滅とかしながらゆずサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が590人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
姉も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、うわっ うわああ うわらば。」と少し派閥に縛られない感じに聖域なき構造改革したように恐縮していた。
まあ、どれものつのつしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか姉は・・・
「今度は全部で14190キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

電気を大切にね。

闇ナベ | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク