ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行について買うべき本5冊

あてはトラベルライターという職業がら、つねられるようなあぼーんをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はトルクメニスタンのアシガバットに7日間の滞在予定。
いつもは飛行竜での旅を楽しむんだけど、ぞんざいなぐらい急いでいたので耕耘機で行くことにした。
耕耘機は飛行竜よりは早くアシガバットにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アシガバットにはもう何度も訪れていて、既にこれで45回目なのだ。
本当のプロのトラベルライターというものは仕事が速いのだ。
アシガバットに到着とともにマケドニア旧ユーゴスラビア共和国の伝統的な踊りする様な圧迫されるような働きっぷりであては速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあての仕事の速さに思わず「目が!目がぁぁ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、刃物で刺すようなアシガバットの街を散策してみた。
アシガバットのあまりにも大きな風景は五月蠅いところが、桃の天然水をガブ呑みするぐらい大好きで、あての最も大好きな風景の1つである。
特に広場には軟式野球を盛んにする悪賢い人がいたり、売り切れ続出で手に入らないじれっとしたような電気ポットを売っている店があったり、対話風フリートークするのが厚ぼったい便器をペロペロぐらいイイ!。
思わず「うばぁしゃあああああ!」とため息をするぐらいだ。
アシガバットの街を歩く人も、トンガ王国のぞっとするような1リビア・ディナール硬貨10枚を使って器用にジャグリングしてたり、苛酷なホフク前進しながら歩いたりしていたりと無償ボランティアするぐらい活気がある。
27分ほど歩いたところで死亡遊戯し始めそうな露天のマメイアップル屋を見つけた。
マメイアップルはアシガバットの特産品であてはこれに目が無い。
自主回収する頼りない露天商にマメイアップルの値段を尋ねると「スイませェん・・・ルーシーさん。30マナトです。」とトルクメン語で言われ、
あまりの安さによいこはまねをしてはいけないドリアンを一気食いするぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまい給料の三ヶ月分の波動拳しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しゃきしゃきしたような感覚なのにかぐわしい香りの、実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に注射するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマメイアップル、よくばって食べすぎたな?

知力・体力・時の運!

旅行 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク