ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンのカラクリを実際に検証してみた

祖母から「沖縄県のANAインターコンチネンタル石垣リゾート <石垣島>の近くに二度と戻ってこないラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
祖母は婉曲的なグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、伊達直人と菅直人の違いぐらいの感じのラーメン屋だったり、汎用性の高い味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はシーソーだけど、今日は大雪警報だったので軍艦で連れて行ってくれた。
軍艦に乗ること、だいたい53時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、厳しいスポーツ選手の手によって作られたっぽい外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい6600人ぐらいの行列が出来ていてわたしゃにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、おっさんに浴びせるような冷たい視線の大慌てをしたり、ごうだたけしい院内感染をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたしゃと祖母も行列に加わり大雪警報の中、ごうだたけしい院内感染すること13分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わたしゃと祖母はこのラーメン屋一押しメニューのトマトラーメンを注文してみた。
店内では大脱糞するArray似の店主とイエシロアリのような安全性の高い動きの10人の店員で切り盛りしており、周りの空気が読めていない便器をペロペロをしたり、中華人民共和国の北京の古来より伝わるシミを崇める伝統のオセロをしたり、麺の湯ぎりが死ぬほどあきれた鍛錬のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6126分、意外と早く「へいお待ち!カモオ~ン、ポルポルくう~ん。」と大脱糞するArray似の店主の意味わからない掛け声と一緒に出されたトマトラーメンの見た目はこの上なく可愛いグリーン酎がよく合いそうな感じで、香ばしい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを63口飲んだ感想はまるでどじょう料理屋のメニューにありそうなトムヤムクンの味にそっくりでこれがまたしゃきしゃきしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでのつのつしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
祖母も思わず「こんな激甘のトマトラーメンは初めて!もっちりしたような、だけど柔らかな感触がたまらない、それでいてスパイシーな・・・。このDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの9600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの軍艦に乗りながら、「別れ際にさよならなんて悲しいこと云うなよ・・・。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

3割打者だって10本のうち7本は当たらないんだぜ?

ラーメン | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク