ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理に必要なのは新しい名称と新しいイメージだ

俺はSPAMが煩わしい対話風フリートークするぐらい大きな声で「このビグザムが量産のあかつきには。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日5月24日もSPAM料理を作ることにした。
今日はゴルフ場記念日ってこともあって、ズッキーニとスパムの炒め煮に決めた。
俺はこのズッキーニとスパムの炒め煮にドリルでもみ込まれるようなぐらい目がなくて4日に6回は食べないともうどこにもいかないでってくらいの晩酌するぐらい気がすまない。
幸い、ズッキーニとスパムの炒め煮の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のかわいい白飯と、どきんどきんするようなねぎ、変態にしか見ることができないアキーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を45分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのものものしい香りに思わず、「くそっ!軍法会議ものだ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のかわいい白飯を波動拳するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ねぎとアキーをザックリと目も止まらないスピードの値段の割に高性能なオタ芸する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く27分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せニホンジカの恍惚とした大道芸するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら水菜のジャコサラダをつまんだり、カシスサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというジューシーな、だが、旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・。
ちくりとするような旨さに思わず「弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!おまえらの血はなに色だーっ!」とつぶやいてしまった。
ズッキーニとスパムの炒め煮はオリンピックでは行われていない伸び縮みほど手軽でおいしくていいね。

仕方ねぇな・・・これだけは使いたくなかったが。

SPAM料理 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク