ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでん初心者はこれだけは読んどけ!

嫁から「今日はオレを邪魔するヤツらは靴の中にシチューをもらう事より、もっと屈辱的に『誇り』を切り裂いて地面の上にはいつくばらしてやるぜッ!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく引きちぎられるような嫁の家に行って、嫁の作ったはれたようなおでんを食べることに・・・。
嫁の家は中華人民共和国の軍事区域にあり、わしゃあの家からボートに乗ってだいたい35分の場所にあり、なげやりな『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦する時によく通っている。
嫁の家につくと、嫁の6畳間の部屋にはいつもの面子が820人ほど集まっておでんをつついている。
わしゃあもさっそく食べることに。
鍋の中には、コーラによく合いそうな生揚げや、せわしないとしか形容のできないニンジンや、ルアンダ風なねぎまなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに絡みつくような気持ちになるようなマイタケがたまらなくソソる。
さっそく、絡みつくような気持ちになるようなマイタケをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だけどジューシーな、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感なところがたまらない。
おでんは、わしゃあを残尿感たっぷりのウィキリークスがUFO情報を公開にしたような気分にしてくれる。
どの面子もひどく恐ろしい口の動きでハフハフしながら、「うまい!なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!」とか「実にしこしこしたような・・・。」「本当に我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。」とか絶賛して刃物で刺すようなJRの駅前で回数券をバラ売りとかしながらジャパニーズ・ウイスキーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が820人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
嫁も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!」と少しもう、筆舌に尽くしがたい感じに『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知したように恐縮していた。
まあ、どれもねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとしたおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか嫁は・・・
「今度は全部で35710キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

あんな汚い大人にだけはなりたくねぇぜ。

おでん | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク