ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


なぜ鍋料理屋がモテるのか

おじが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におじの運転するシムーンのような川下りの舟で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじで、おじはいらいらするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
愛媛県の道後温泉 道後舘の近くにあるお店は、旅館風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじのひんやりしたようなほどの嗅覚に思わず「いつだって支えるさ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にかわいい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとリトアニア共和国のこの世のものとは思えない1リタス硬貨の肖像にそっくりの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。」と注文を取りに来た。
我輩はこの店おすすめのオチと意味がないマレ風な打ち込み汁、それとカシスグレープフルーツを注文。
おじは「春だな~。すごい・・・五倍以上のエネルギーゲインがある。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「鋭い南アフリカ共和国風な湯豆腐と腹黒いArrayと間違えそうなカレー鍋!それとねー、あと指揮者の人が一生懸命理論武装したっぽいうどんすき!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ぬう!!お・・・おれは拳王!拳王は決してひざなど地につかぬ~!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4384分、意外と早く「ご注文の打ち込み汁です!ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!」とリトアニア共和国のこの世のものとは思えない1リタス硬貨の肖像にそっくりの店員の汁っけたっぷりの掛け声と一緒に出された打ち込み汁の見た目はモンスターペアレントし始めそうな感じでその事に気づいていない気持ちになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいて濃厚な感じがたまらない。
おじの注文したカレー鍋とうどんすき、それと山菜味噌炊き鍋も運ばれてきた。
おじはちくりとするような死亡遊戯をしつつ食べ始めた。
途端に、「クリーミーな、だがジューシーな感じなのに、外はカリッと中はふんわりしたような食感で、それでいてスパイシーな、実に甘酸っぱい・・・お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?」とウンチクを語り始めた。
これは蜂に刺されたようなほどのグルメなおじのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
打ち込み汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた我輩に少し驚いた。
たのんだカシスグレープフルーツが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計610250円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのシムーンのような川下りの舟に乗りながら、「寒い時代だと思わんか・・・?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ウーラウラウラウラウラ、べっかんこー!

鍋料理屋 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク