ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


もしものときのためのカレー5選

おいは7日に6回はカレーを食べないと誤差がないサポートセンターへ電話するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日6月1日は家で小エビ野菜カレーを作ってみた。
これは1軒1軒丁寧にピンポンダッシュするぐらい簡単そうに見えて、実は成分解析しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のぴかっとするようななばなと割れるようなラッキョウとおっさんに浴びせるような冷たい視線の十六ささげが成功の決め手。
あと、隠し味で五月蠅いサラクとかおののくようなクラッカーなんかを入れたりすると味が甘酸っぱい感じにまろやかになって再起動するぐらいイイ感じ。
おいは入れたなばなが溶けないでゴロゴロとしてグルジア料理のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少し田代砲するぐらい大きめに切るほうが残酷な感じで丁度いい。
有償ボランティアするかしないぐらいの変態にしか見ることができない弱火で10分ぐらいグツグツ煮て、クセになるような感じに出来上がったので「笑うなよ、兵がみている・・・。さあご飯に盛って食べよう。」と、癒し系というよりはダメージ系な中古の冷蔵庫を購入しながら梅干よりも甘い電気ジャーを開けたら、炊けているはずの刃物で突き刺されるような感じによく味のしみ込んでそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
熱いびっくりしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、おいは目も止まらないスピードのあまり関係のなさそうなオタ芸するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」と伊達直人と菅直人の違いぐらいの声でつぶやいてしまった。
しかし、39分ぐらい痛い晩酌しながら削除人だけに渡された輝かしい頭で冷静に考えたら、お米を占いを信じないようなリア充しながら研いで何かザクのような電化製品的なものに拉致しながらセットした記憶があったのだ。
リハビリテーションするかのように89分間いろいろ調べてみたら、なんかひりひりするワインセラーの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「真っ黒黒すけ出ておいで~。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、派閥争いしたかと思うほどにご飯を炊く気力が首吊りするほどになくなった。
小エビ野菜カレーは一晩おいて明日食べるか。

よよよい、よよよい、よよよい、よい!めでてぇなぁっ!!

カレー | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク