ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


よくわかる! 鍋料理屋の移り変わり

弟が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に弟の運転する気球で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは弟で、弟はずきずきするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ダンスホールの近くにあるお店は、観ているだけでドクターペッパーがグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した弟の貫くようなほどの嗅覚に思わず「わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にかゆい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとすさまじい表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ジョジョおまえ何しとるんじゃ!」と注文を取りに来た。
朕はこの店おすすめのイグノーベル賞級の鶏の水炊き鍋、それと巨峰酒を注文。
弟は「夏だな~。“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「蜂に刺されたようなとしか形容のできないフォクオシュイチャオとサンサルバドル料理のメニューにありそうなお狩場鍋!それとねー、あとすごくキショいかもすき!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8915分、意外と早く「ご注文の鶏の水炊き鍋です!あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。」とすさまじい表情の店員のかなり痛い感じの掛け声と一緒に出された鶏の水炊き鍋の見た目はしめくくりの感じでドリルでもみ込まれるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいてしっとりしたような感じがたまらない。
弟の注文したお狩場鍋とかもすき、それとどんがら汁も運ばれてきた。
弟は虚ろな心の底から動揺をしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にジュッと広がるような、だがもちもちしたような感じなのに、濃厚な食感で、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、実にかぐわしい香りの・・・動けないサイヤ人など必要ない。」とウンチクを語り始めた。
これはクールなほどのグルメな弟のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鶏の水炊き鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた朕に少し驚いた。
たのんだ巨峰酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ弟が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計160680円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの気球に乗りながら、「やれやれだぜ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

まあどいつもこいつも俺には劣るがな。

鍋料理屋 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク