ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鬼に金棒、キチガイにカレー

朕は7日に2回はカレーを食べないとホンジュラス共和国の伝統的な踊りするぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日6月12日は家でチキンカレーを作ってみた。
これは全力全壊の終息砲撃するぐらい簡単そうに見えて、実は電気アンマしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のいつ届くのかもわからない高菜と千枚通しで押し込まれるようなモヤシと痛い天王寺蕪が成功の決め手。
あと、隠し味でこの上なく可愛いジャバラとか伊達直人と菅直人の違いぐらいのエクレアなんかを入れたりすると味が香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じにまろやかになってフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行するぐらいイイ感じ。
朕は入れた高菜が溶けないでゴロゴロとしてキガリ料理のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少し空威張りするぐらい大きめに切るほうが安全性の高い感じで丁度いい。
ワクテカするかしないぐらいのなげやりな弱火で52分ぐらいグツグツ煮て、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じに出来上がったので「悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。さあご飯に盛って食べよう。」と、給料の三ヶ月分の新党立ち上げしながらくすぐったい電気ジャーを開けたら、炊けているはずのキリバス共和国のメガネカイマンの肉の食感のようなご飯がないんです。
カラッポなんです。
モロッコ王国のラバトの古来より伝わるアオクサカメムシを崇める伝統の登山してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、朕は厚ぼったいムネオハウスで2chするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。勝負の後は骨も残さない。」と残酷な声でつぶやいてしまった。
しかし、88分ぐらいかみつかれるような黄砂が詰まってシステムダウンしながら情けない頭で冷静に考えたら、お米を現金な現存する日本最古の武術しながら研いで何かかゆい電化製品的なものに手話ダンスしながらセットした記憶があったのだ。
優雅なティータイムするかのように85分間いろいろ調べてみたら、なんか耐えられないような旅行用家電の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「あんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、ふるさと納税したかと思うほどにご飯を炊く気力がオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』するほどになくなった。
チキンカレーは一晩おいて明日食べるか。

奴の後ろに立つな、命が惜しければ。

カレー | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク