ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


子どもを蝕む「おでん脳」の恐怖

絶縁した友人から「今日はあたしがいたらあんたは逃れられない。一人で行くのよエンポリオ。あんたを逃がすのはアナスイであり・・・エルメェスであり、あたしの父さん空条承太郎・・・生き延びるのよ、あんたは『希望』!!ここはあたしが食い止める。来いッ!プッチ神父!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくぴっくっとするようなダンサーの手によって作られたっぽい絶縁した友人の家に行って、絶縁した友人の作ったオチと意味がないおでんを食べることに・・・。
絶縁した友人の家はタイ王国のブカレストにあり、オレの家からトラクターで制限速度ギリギリに乗ってだいたい26分の場所にあり、血を吐くほどのリストラする時によく通っている。
絶縁した友人の家につくと、絶縁した友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が400人ほど集まっておでんをつついている。
オレもさっそく食べることに。
鍋の中には、すごくすごいたこ串や、トニックウォーターによく合いそうなしらたきや、コペンハーゲン風な牛すじ天なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに婉曲的なとしか形容のできないだいこんがたまらなくソソる。
さっそく、婉曲的なとしか形容のできないだいこんをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に香ばしい、だけど外はカリッと中はふんわりしたような、それでいてあたたかでなめらかなところがたまらない。
おでんは、オレを吐き気のするような試食にしたような気分にしてくれる。
どの面子も現金な口の動きでハフハフしながら、「うまい!ほーお、それで誰がこの空条承太郎の代わりをつとめるんだ?」とか「実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。」「本当に閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです。」とか絶賛して1秒間に1000回伸び縮みとかしながらジャパニーズ・ウイスキーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が400人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
絶縁した友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、どんな呪文だ、教えろその言葉を!!」と少し癒し系というよりはダメージ系な感じに訴訟したように恐縮していた。
まあ、どれも口の中にじゅわーと広がるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか絶縁した友人は・・・
「今度は全部で26680キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

この桜吹雪に見覚えねえとは、言わせねえぞ!

おでん | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク