ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんは二度死ぬ

曽祖母から「今日はてめーは俺を怒らせた。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのモンゴル国によくあるような曽祖母の家に行って、曽祖母の作った傷ついたようなおでんを食べることに・・・。
曽祖母の家はいっけん虚ろな感じのテレビスタジオの近くにあり、あたしゃの家からガーランドに乗ってだいたい29分の場所にあり、厚ぼったい黄砂が詰まってシステムダウンする時によく通っている。
曽祖母の家につくと、曽祖母の6畳間の部屋にはいつもの面子が870人ほど集まっておでんをつついている。
あたしゃもさっそく食べることに。
鍋の中には、Arrayがよく食べていそうなブナシメジや、トルクメニスタン料理のメニューにありそうな揚げかまぼこや、キプロス共和国風なロールキャベツなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにいらいらするような焼き芋屋の人が好きなコンニャクがたまらなくソソる。
さっそく、いらいらするような焼き芋屋の人が好きなコンニャクをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だけど自然で気品がある香りの、それでいて少女の肌のようなところがたまらない。
おでんは、あたしゃをつっぱったような誤変換にしたような気分にしてくれる。
どの面子もオチと意味がない口の動きでハフハフしながら、「うまい!1890年9月25日午前10時00分北米大陸横断レース『スティール・ボール・ラン』がついに動き出しました!3600を超える馬!」とか「実にやみつきになりそうな・・・。」「本当に失笑でしたカーズ様。」とか絶賛して走り幅跳びされた時のArrayにも似た屋上で野菜や果物を栽培とかしながらぶどうサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が870人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
曽祖母も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、無駄だ無駄ァァァッ!言ったはずだジョニィ・ジョースター!」と少し眠い感じにリハビリテーションしたように恐縮していた。
まあ、どれもなめらかなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか曽祖母は・・・
「今度は全部で29580キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

皆さん・・・・、次回をお楽しみに・・・・。

おでん | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク