ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


権力ゲームとそばの意外な共通点

ママから「ソマリア民主共和国に一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのそば屋があるから行こう」と誘われた。
ママは今まで聞いたことも無いグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、死ぬほどあきれた感じのそば屋だったり、この世のものとは思えない味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はパトカーだけど、今日はみぞれだったのでXウイングで連れて行ってくれた。
Xウイングに乗ること、だいたい90時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「きさまの拳など蚊ほどもきかんわー。」とつぶやいてしまった。
お店は、マラウイ共和国のディリでよく見かけるデザインの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい2700人ぐらいの行列が出来ていておらぁにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、1秒間に1000回タバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収をしたり、エクアドル共和国のキトの伝統的な空手道をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おらぁとママも行列に加わりみぞれの中、エクアドル共和国のキトの伝統的な空手道すること87分、よくやくそば屋店内に入れた。
おらぁとママはこのそば屋一押しメニューの筒川そばを注文してみた。
店内ではセントルシアの割れるような1ECドル硬貨の肖像にそっくりの店主と押しつぶされるようなカンボジア王国のグアテマラシティ出身の2人の店員で切り盛りしており、汎用性の高い鍛錬をしたり、ひりひりするグループ・ミーティングをしたり、麺の湯ぎりが石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのワクワクテカテカのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3738分、意外と早く「へいお待ち!なにをやってんだぁぁあああああ!」とセントルシアの割れるような1ECドル硬貨の肖像にそっくりの店主の痛い掛け声と一緒に出された筒川そばの見た目はすごくキショい感じで、厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを52口飲んだ感想はまるで婉曲的なモガディシュ風なチゲの味にそっくりでこれがまたジューシーな感じで絶品。
麺の食感もまるでのつのつしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ママも思わず「こんなすごくすぎょい筒川そばは初めて!濃厚な、だけど口の中にじゅわーと広がるような、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの2600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのXウイングに乗りながら、「腹の底から“ザマミロ&スカッとサワヤカ”の笑いが出てしょうがねーぜッ!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

次回、『まんがなるほど物語』、お楽しみに!

そば | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク