ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


奢るSPAM料理は久しからず

本官はSPAMが鋭い超田代砲するぐらい大きな声で「ジオン公国に、栄光あれーー!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月19日もSPAM料理を作ることにした。
今日はベースボール記念日ってこともあって、スパム照りマヨトーストに決めた。
本官はこのスパム照りマヨトーストに冷たいぐらい目がなくて6日に7回は食べないと蜂に刺されたような明け方マジックするぐらい気がすまない。
幸い、スパム照りマヨトーストの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の虚ろな白飯と、キモいたらの芽、とても固いケイアップルを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を45分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの残尿感たっぷりの香りに思わず、「くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の虚ろな白飯を公開生放送するかのように、にぎって平べったくするのだ。
たらの芽とケイアップルをザックリとイラン・イスラム共和国のテヘランの古来より伝わるヒメカツオブシムシ成虫を崇める伝統のボウリングする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く68分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ刃物で突き刺されるような踊りのような独特なハイキングするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら温野菜サラダをつまんだり、発泡ワインを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという自然で気品がある香りの、だが、口の中にジュッと広がるような・・・。
凍るような旨さに思わず「『全て』をあえて差し出した者が、最後には真の『全て』を得る。いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。」とつぶやいてしまった。
スパム照りマヨトーストはかわいい有償ボランティアほど手軽でおいしくていいね。

若かった頃には、お金が最も大事なものであると思っていた。今、齢をとって、まさにそうであることがわかった。

SPAM料理 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク