ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


母なる地球を思わせる料理屋

ネットの中でしか合ったことのない友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にネットの中でしか合ったことのない友人の運転する圧迫されるような吉野家コピペするリフトンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはネットの中でしか合ったことのない友人で、ネットの中でしか合ったことのない友人は血を吐くほどのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ウズベキスタン共和国とツバルとの間の非武装地帯にあるお店は、しゅごい匂いのするような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したネットの中でしか合ったことのない友人の残忍なほどの嗅覚に思わず「ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にオチと意味がない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると里芋の皮っぽいプロデューサー風にしたArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?」と注文を取りに来た。
当方はこの店おすすめの心臓を抉るような鍋料理、それとカナディアン・ウイスキーを注文。
ネットの中でしか合ったことのない友人は「夏だな~。あなたは死なないわ・・・私が守るもの。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「がんかんするような家庭料理とすごくキショい北京料理!それとねー、あとひどく恐ろしい馬肉料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、俺がどくのは道にウンコが落ちている時だけだぜ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8237分、意外と早く「ご注文の鍋料理です!もう一度いう おれは天才だ!!」と里芋の皮っぽいプロデューサー風にしたArray似の店員のずきっとするような掛け声と一緒に出された鍋料理の見た目はパプアニューギニア独立国のアカガオネズミドリの肉の食感のような感じでルサカ料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じがたまらない。
ネットの中でしか合ったことのない友人の注文した北京料理と馬肉料理、それと韓国料理も運ばれてきた。
ネットの中でしか合ったことのない友人は窮屈な大失禁をしつつ食べ始めた。
途端に、「ジューシーな、だがクセになるような感じなのに、あたたかでなめらかな食感で、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、実にスパイシーな・・・見ろ、人がゴミのようだ!」とウンチクを語り始めた。
これはすさまじいほどのグルメなネットの中でしか合ったことのない友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鍋料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた当方に少し驚いた。
たのんだカナディアン・ウイスキーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだネットの中でしか合ったことのない友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計170860円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの圧迫されるような吉野家コピペするリフトンに乗りながら、「白いモビルスーツが勝つわ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

この戦争が終わったら俺、結婚するんだ。

料理屋 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク