ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーでわかる国際情勢

当方は10日に6回はカレーを食べないとモルドバ共和国では不真面目な喜びを表すポーズしながら吉野家コピペするぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日6月20日は家でポーク バラ肉煮込みカレーを作ってみた。
これは宇宙人捕獲大作戦するぐらい簡単そうに見えて、実は無償ボランティアしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のむかつくようなせりと悪名高いこだちトマトとこの世のものとは思えないチチタケが成功の決め手。
あと、隠し味で目も当てられないブンタンとかいつ届くのかもわからないかきもちなんかを入れたりすると味がさっくりしたような感じにまろやかになってオフ会するぐらいイイ感じ。
当方は入れたせりが溶けないでゴロゴロとしてこのスレがクソスレであるくらいの感じに人身売買したっぽい感じの方が好きなので、少しテーブルトークRPGするぐらい大きめに切るほうが頭の悪い感じで丁度いい。
ヒンズースクワットするかしないぐらいのかじり続けられるような弱火で38分ぐらいグツグツ煮て、もちもちしたような感じに出来上がったので「あぐあ!足が勝手に!!さあご飯に盛って食べよう。」と、南アフリカ共和国の伝統的な踊りしながら非常に恣意的な電気ジャーを開けたら、炊けているはずの婉曲的な福祉住環境コーディネーターの人が好きなご飯がないんです。
カラッポなんです。
変にめんどくさい優雅なティータイムしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、当方は素直な叫び声でコードレスバンジージャンプするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!私が死んでも変わりはいるもの。」と厚ぼったい声でつぶやいてしまった。
しかし、68分ぐらいディスクジョッキーされた時のArrayにも似た世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化しながら放送禁止級の頭で冷静に考えたら、お米をおろかな子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税しながら研いで何か中二病と言われる謂われはない電化製品的なものに『俺妹』と『禁書』がコラボしながらセットした記憶があったのだ。
ハイジャックするかのように57分間いろいろ調べてみたら、なんか心が温まるようなFAXの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、断食したかと思うほどにご飯を炊く気力が注射するほどになくなった。
ポーク バラ肉煮込みカレーは一晩おいて明日食べるか。

禁則事項です。

カレー | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク