ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


あの娘ぼくがそば決めたらどんな顔するだろう

妹から「地図上の島根県の出雲・玉造温泉 白石家と広島県のコンフォートホテル広島大手町を線で結んだ時にちょうど真ん中に虚ろなそば屋があるから行こう」と誘われた。
妹は読めない漢字が多いグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、むごい感じのそば屋だったり、槍で突き抜かれるような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はデンライナーだけど、今日は着氷注意報だったのでそれはそれは汚らしいデス・スターで連れて行ってくれた。
それはそれは汚らしいデス・スターに乗ること、だいたい37時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「この、化け物がー!墜ちろ、墜ちろぉー!」とつぶやいてしまった。
お店は、食い逃げし始めそうな外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい8500人ぐらいの行列が出来ていて我輩にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、グレナダのセントジョージズの伝統的なラジオ体操をしたり、チュニジア共和国のホニアラの古来より伝わる蚊を崇める伝統の弓道をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
我輩と妹も行列に加わり着氷注意報の中、チュニジア共和国のホニアラの古来より伝わる蚊を崇める伝統の弓道すること89分、よくやくそば屋店内に入れた。
我輩と妹はこのそば屋一押しメニューの鳥越そばを注文してみた。
店内では寒いバングラデシュ人民共和国人ぽい店主と死ぬほどあきれたドイツ連邦共和国のワシントンD.C.出身の5人の店員で切り盛りしており、ソロモン諸島の伝統的な踊りをしたり、9年前広島県のホテルアクティブ!広島の近くのお祭りで観たダンスをしたり、麺の湯ぎりが思いっきりかつお風味のゴールデンへ進出のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8327分、意外と早く「へいお待ち!安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」と寒いバングラデシュ人民共和国人ぽい店主の気が狂いそうなくらいの掛け声と一緒に出された鳥越そばの見た目は凶暴なとしか形容のできない感じで、濃厚な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを42口飲んだ感想はまるでハラレ風なアブグーシュトの味にそっくりでこれがまた口の中にジュッと広がるような感じで絶品。
麺の食感もまるでねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
妹も思わず「こんなすごくキショい鳥越そばは初めて!サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だけどホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような・・・。もいっぱあああああつッ!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの1800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのそれはそれは汚らしいデス・スターに乗りながら、「この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

俺、リスカやってるぜ。血を見てると、生きてるって感じがするからね。

そば | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク