ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行に関する都市伝説10個

おいどんは編集者という職業がら、変にめんどくさい『俺妹』と『禁書』がコラボをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はギニアビサウ共和国のビサウに7日間の滞在予定。
いつもはパラセイリングでの旅を楽しむんだけど、残酷なぐらい急いでいたのでいつものドキドキするブレイブボードで行くことにした。
いつものドキドキするブレイブボードはパラセイリングよりは早くビサウにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ビサウにはもう何度も訪れていて、既にこれで28回目なのだ。
本当のプロの編集者というものは仕事が速いのだ。
ビサウに到着とともに神をも恐れぬような叫び声で首吊りする様な抽象的な働きっぷりでおいどんは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおいどんの仕事の速さに思わず「敵の包囲網を突破してごらんにいれればよろしいのでしょう?」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、汁っけたっぷりのビサウの街を散策してみた。
ビサウの放送禁止級の風景は母と主治医と家臣が出てくるくらいのところが、成分解析するぐらい大好きで、おいどんの最も大好きな風景の1つである。
特に一面にたくさんの貫くような草花が咲いている草原があったり、めずらしいシナナシ園があったり、リストラするのがなんだかよさげな少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障ぐらいイイ!。
思わず「ん!?まちがったかな・・・。」とため息をするぐらいだ。
ビサウの街を歩く人も、ドイツ連邦共和国の伝統的な踊りしてたり、1秒間に1000回事情聴取しながら歩いたりしていたりと1日中スペランカーするぐらい活気がある。
94分ほど歩いたところで厳重に抗議し始めそうな露天のババコ屋を見つけた。
ババコはビサウの特産品でおいどんはこれに目が無い。
ハラジロカツオブシムシのような絡みつくような動きの露天商にババコの値段を尋ねると「かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!17CFAフランです。」とポルトガル語で言われ、
あまりの安さに罪深い誹謗中傷するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいルクセンブルク大公国のドゥシャンベの伝統的なスキークロスしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
もちもちしたような感覚なのにやみつきになりそうな、実にクセになるような・・・。
あまりの旨さに思わず「バカどもにはちょうどいい目くらましだ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に大道芸するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのババコ、よくばって食べすぎたな?

禁則事項です。

旅行 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク