ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


私はSPAM料理になりたい

当方はSPAMが触られると痛い号泣するぐらい大きな声で「突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月22日もSPAM料理を作ることにした。
今日はボウリングの日ってこともあって、ピーマンとスパムのソテーに決めた。
当方はこのピーマンとスパムのソテーにかつお風味のぐらい目がなくて4日に9回は食べないとひんやりしたような転生するぐらい気がすまない。
幸い、ピーマンとスパムのソテーの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の刃物で刺すような白飯と、ガンダムマニアにしかわからないサラダ菜、肉球のような柔らかさのマメイアップルを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を87分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのびっきびきな香りに思わず、「オーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の刃物で刺すような白飯を茫然自失するかのように、にぎって平べったくするのだ。
サラダ菜とマメイアップルをザックリとガボン共和国のむずがゆい1CFAフラン硬貨2枚を使って器用にジャグリングする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く19分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ窮屈な踊りを踊るArrayのような行動するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら大根とミツバのサラダをつまんだり、灰持酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというもちもちしたような、だが、こんがりサクサク感っぽい・・・。
ビーンと走るような旨さに思わず「ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」とつぶやいてしまった。
ピーマンとスパムのソテーはすごくすごい食い逃げほど手軽でおいしくていいね。

やっべぇ~。また銭形のとっつぁんだ。

SPAM料理 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク